胸が張り裂けそう

東北三銃士の悲痛な顔…. 私たちの胸は張り裂けそうでした。あいの手の代表 アライさんは野田市より 南三陸へ一時的に引っ越して来ました。野田市と南三陸を月に何度も往復して調達物資の輸送 配分 炊き出しとお手伝いしながら今ではここにご自分のお仕事を持ち込まれて、ボランテイアを続けておられます。


May 2011 report

May 15:
I held a charity barbecue at home inviting relatives, friends and acquaintances. To raise support for the disaster victims, the menu included fried chicken, rice balls pasta, salads hot dogs, hamburgers, and drinks. It was a sunny and pleasant day. Everyone, let’s help Japan recover from the March 11th disaster!!

May 20:
Help Japan held a PTSD seminar at the Wesleyan Center in Shibuya. Board member Josh de Santis based the seminar on material he received from Dr. Ozawa last month. Everyone listened intently.

May 21:
A seminar was held this evening using the same material as the previous day and posted on this Help Japan website. Participants were few.

May 22:
Board member Josh and I filled the car with disaster relief supplies such as food, water and dolls and books for children in the disaster area. We left the house at 9:00 am. On the way we stopped at a greengrocer to purchase some fresh vegetables. After that we headed to Tohoku. There was less traffic than usual on the Tohoku Expressway. After we left Tokyo Josh and I changed seats and he took over driving while I did the navigation. We both have been on the move since March 11th. But upon reflection, I think all went quite well so far. We had lunch along the way and arrived at Fukushima NPO Shalom a little after 3PM. Though it was the first time we met NPO Shalom, in no time we felt like old acquaintances. I desire greatly to help support their work in any way I can.

May 23:
We visited the Azuma Gymnasium where people from Minami Soma had fled to for shelter. While helping NPO Shalom hand out relief supplies, we listened to the stories of the individual victims. Because all were together in the gym, could not administer treatment for PTSD. We passed out stuffed animal toys to the children. They also enjoyed listening to stories using flash cards. Children were playing in a lighthearted manner. Because the adults had escaped wearing only the clothes on their back, the government of Thailand donated to them T-shirts and pants which were greatly appreciated.

May 24:
We went to Sendai and stayed one night at the YMCA. There were many volunteers there sleeping in sleeping bags. The volunteers were mostly all Christians. NGOs and large volunteer organizations had made their base in Sendai to do their relief activities. I met Mr. Kurosu who is the district welfare commissioner. He explained to us the condition of the disaster area and its victims and took us on a tour of the coast next to Sendai that had been hit by the tsunami. Mr. Kurosu later helped establish temporary shelters in the Wakabayashi District of Sendai, and we promised to advertise his activities on the Help Japan website.

May 25:
We drove two and a half hours from Sendai to the city of Minami Sanriku. There we stayed at the Hotel Kanyo, a 5 star hotel. There was no running water in the hotel and of course there was no drinking water as a result. In the rooms there was only one PET bottle of water. We used outside utility toilets. The hotel was used as a disaster center to house the locals who lost their houses. The children where taken to school from the hotel by the hotel employees. There was an enormous amount of energy used by everyone to care for each other. There was nothing left at Minami Sanriku. However, the Ortiz family who sponsors the NPO OGA for Aid (Ortiz Global Academy for Aid) came to bat in time of need and worked together with us to supply needed supplies. Erwin Ortiz is a missionary to Japan from Colombia. He is called “papa” and is highly loved, trusted and respected by all.

May 26:
We returned to Fukushima to attend an event at the Village of Iidata. There were many media people and television cameramen present at the Iidate gymnasium. Ms. Tokiko Kato, a famous Japanese singer, sang. She is a social activists against nuclear power. The villagers were inspired by her talk which gave them a new determination to continue their struggle for survival. Everyone was angry, sad and frustrated at the Tokyo electrical company.

May 27:
Returned home to Tokyo.

2011年9月のレポート

救援活動をする団体の震災救援の足しになればと願い寄付の呼び掛けを個人的に行った。反応は少なかったが思わぬ方から寄付が送られて来た。南三陸への復興支援寄付金を社会貢献共同体のユナイテッド アースに届ける事が出来た。

あいの手で活動するジーンとメグに新宿で会い、少額だが寄付金を渡せた。ヘルプジャパンの広報支援の一つに天縁募金を始めると彼等に先ず伝えた。天縁つまり10円募金の発想に喜ばれ、自分達もその普及に加われると言った。

被災者の方へ贈る日めくりカレンダーを追加注文した。カレンダーはシャロームさんの紹介で福島市の仮設住宅に住む方に届けた。東北へ支援に向かうクリスチャンの組織や一般の支援グループにもカレンダーを託したい。

9月11日
三度福島へ
大自然の大循環がバクテリアによって齎され、その自然治癒力で水も土壌も元に回復してゆくという画期的な方法を川崎に停泊しているNPOアースブルーの実験船が実証している。驚愕のこの循環システムを友人の紹介で知り、福島のNPOシャロームと共に見学したのが7月末だった。今回の福島訪問はNPOシャロームさんがNPOアースブルーに依頼したもので、ヘルプジャパンがそれに同行した。シャロームさんが借りている畑で、このシステムを取り入れ土壌改良をするのが目的だ。利権がからむと画期的で驚異のこんな素晴らしいシステムも世に出ないのが実情のようだ。

今回の訪問で、こころに響く言葉が綴られている日めくりカレンダーを被災者へお届けする。日めくりカレンダーを被災者の皆様へ、人々への心のケア―も兼ねた このプロジェクトに賛同してくれる方が現れ出した。ラジオで取り上げて下さる方サイトで紹介して下さると申し出て下さる方も現れた。

ヘルプジャパンのパンフレットや募金シールを発注して下さる方も現れた。高野山の一乗院さん 歯医者さん 建設会社の社長さん 団体の役員の方 営業に歩くと協力して下さる方々が現れ出した。救援活動は息の長いプロジェクトだ 着実に一歩一歩進もう。主が見ておられる やれるだけの事はやらせてもらおう。

友人の紹介でコンサートへ2回
友人の主催するセミナーに3回出席
友人に聖書を自宅で伝え始めた
Iパッドの講習会では基礎編と応用編を学んだ

2011年6月のレポート

6月1日
災害ボランティアとして赤い羽根共同募金から短期の助成を受ける為に申請書を提出した

6月2日
ヘルプジャパンのビデオ制作とパンフレット作りの件で千葉のライダー夫婦と打ち合わせ。

6月7日
聖書と日本フォーラムのミーティング 蓼科にて 2泊3日

6月9日
ヘルプジャパンのサイト管理者ジェイムスと引き続き蓼科にてミーティング

6月10日
客人がここ蓼科を訪れる 蓼科山荘が主の為に大いに用いられる

6月18日
4月に受けたドクター小澤の講習を基に、物資だけではなく緊急にこころのケア―が必要なことを伝える為にPTSDに関する情報発信をパワーポイントで製作。又参加者に渡す資料をパソコンに打ち込む。この大震災でこころに傷を受けた人々が心身共に癒やされるのに年数を要すること 如何に周りの理解や手助けが必要か 人様々に徐々に回復してゆく過程を、マズローの5段階欲求を併用しながら説明したものだ。これが多くの方に用いられる事を願う。

6月19日
羽田発で娘と5日間をマカオで過ごす

6月23日
帰国
6月26日

福島へ向かう 
福島市のNPOシャロームでPTSDに関するセミナー開催 質疑応答含めて2時間 シャロームさんに資料一式とプレゼン用のパワーポイントを置いて来た。千葉のマサヤライダー君がカメラマンとして同行 写真とビデオ編集は彼に依頼した

6月27日
仙台へ向かう
ホテルモントレーの一室にて同じくPTSDに関するセミナーを個人的に開いた。資料一式を民生委員で若林ヘルプの黒須さんと救援活動をする阿部牧師にも渡す事を約束

6月28日
仙台より松島へ
松島泊 
広島の宮島 宮城の松島 京都の天橋立 とどれも行って来た。この美しい日本を守らねばと強く思う

2011年5月のレポート

5月15日
親戚と友人知人家族を招いて少人数のCHARITY BBQを自宅で開いた。震災支援の為に何かせねばの一心で急きょ催したBBQパーティーのメニューは ハンバーグ ホットドッグ  サラダ数種 パスタにおにぎりと焼き鳥 ビールとつまみに飲み物その日は晴天に恵まれた楽しい一日だった。みんなで ヘルプジャパン!!

5月20日
ヘルプジャパンはPTSDに関するセミナーを渋谷のウェスリアンセンターで開いた。理事のジョッシュデサンテスが先月のドクター小澤の資料を基にプレゼンした。皆さん 熱心に聞いて下さった。

5月21日
同じ内容でセミナーを夕方から開催しヘルプジャパンのサイトに載せた。参加者少数だった。これからが大変!

5月22日
支援物資 食糧 水 被災地の子供たちへ贈るお人形や本など等を車にぎゅうぎゅう積めて、ジョッシュ理事と私は朝9時に家を出た。途中で八百屋さんに寄り 更に新鮮な野菜を仕入れた。そして東北へと発った。東北道を走る事は普段まずない。東京を抜けた所で運転をジョッシュに代わってもらった。私はナビ役、私たちは3月11日の震災以来走りっぱなしだった でも 振り返ってみれば よくここまで出来たと満足していた。途中ランチして福島市のNPOシャロームさんに着いたのは3時過ぎだった。始めて会う人達だったが、旧知の知り合いのように互いに感じられた。この方たちを 出来る事から支援していきたいと心から思った。

5月23日
南相馬から非難してきた方達はあずま体育館で避難所生活を送っておられた。救援物資を配るシャロームさんのお手伝いをしながら皆さんの事情も伺えた。PTSDをする状況では到底なかった。体育館にいた子供たちにぬいぐるみを渡す事ができた。やりたかった紙芝居もした。こどもはくったくなく遊んでいた。大人は着の身着のまま逃げて来て、タイ政府からのジャンパーの贈り物はたいそう感謝され、奥様方は家族の分 お父さんにも 息子にもと欲しがられた。まずは愛する家族だ。こちらも必要な物をさし上げられる喜びがあった。

5月24日
仙台へ向かった。YMCAで一晩泊まった。ボランテイアの方たちと一緒に寝袋で雑魚寝した。クリスチャンのボランティアの方が、主に泊まっておられた。仙台ではNGOや大きな団体が拠点を築き、支援活動をしていたが、地元民生委員の黒須さんと知り合いになった。彼から被災地や被災者の状況を説明され、津波に襲われた荒浜海岸一帯を案内された。黒須さんは、後に若林区の仮設住宅者の自立支援をヘルプすることになり、ヘルプジャパンも彼らを広報支援する約束をして来た。

5月25日
仙台から車で2時間半で南三陸へ行った。
5つ星ホテル ホテル観洋に泊まる。水は出ない。飲み水もちろん無し、部屋に小さなペットボトルが一本置いてあるだけ、外の簡易トイレを使用し ホテルは避難所として使われ 子供たちがここから学校へ通う 従業員さんがお見送り でも、みんな助け合って いたわり合って 元気に過ごしていた 日本人の健気さに驚くばかりだった ここ南三陸は何もない 何もないのに人のぬくもりだけがあった南三陸で支援活動をフル回転でしているOGAのORTIZ FAMILYと行動を共にした。コロンビア人の宣教師 アンドレアはパパと呼ばれて 地元の皆さんに信頼され、愛され彼らの中に溶け込んでいた。なんと頼もしい助っ人だろうか

5月26日
福島へ戻り 飯館村の決起大会を兼ねた最期のイベントに参加する。報道カメラマン テレビの報道関係者が大勢 飯館村体育館に取材に来ていた。原発反対の社会活動家 加藤登紀子さんが歌を披露し、彼女のトークにしばし村民は癒されながらも、村を出て行かされる側の決意を新たにしていた。ホントにお気の毒 言葉も無い 私も悲しい 悔しい どうしてくれる 国は何をした 東電は何をした 怒りがこみ上げて来る。

5月27日
帰京 

April 2011 Report

The Ortiz family who live in Aomori City went to Tokyo to hold a charity event in a club in Roppongi. Help Japan also attended the event. Toys such as coloring crayons, and other things children enjoy were stuffed into bags to be distributed to children affected by the March 11th disaster. It was in Roppongi I first met the OGA representative, Erwin Ortiz, a missionary from Columbia who processes great social skills and graces.

April 8:
We went to the houses of the children who attend Seijo nursery to ask for support. It was encouraging to see people offer assistance among the many who were merely sympathetic.

April 9:
I asked the assistance of Masaya Rider who is a photographer and a musician in creating a video presentation. The previous filming to create a documentary to raise support for the disaster victims did not go well and was unusable. There were further mistakes due to nervousness, but somehow we were able to complete the video. Mr. Rider patiently edited the video clips and the webmaster, James, posted them both in English on Japanese on the Help Japan 2011 web site.

April 14-15:
I visited the Suwa Shrine in Nagano Prefecture to witness the famous Shinto ceremony preformed annually on April 15th. I also attended a an open workshop of the Bible and Japan Forum. There were approximately 50 people in attendance.

April 16:
I continued to hold meetings in Tateshina, Nagano Prefecture. I came from Tokyo to Tateshina to meet there with James Arendt from Niigata and Josh DeSantis from Kobe. We devoted our time on how to best use our individual talents to develop the Help Japan 2011 website.

April 25:
I worked on making a broacher to advertise Help Japan. I went to Chiba to work with Leap High designer Yoshimi Rider.

April 27:
I participated in a PTSD seminar by Dr. Ozawa held at Aoyama Wesleyan Center at 2:00PM.Dr. Ozawa is a third generation Japanese American pastor, a psychiatrist and a psychologist. He explained in easy to understand layman’s terms his knowledge of PTSD. He explained in simple terms what we can do to treat PTSD victims. Representative Josh DeSantis also attended a PTSD seminar in Kobe. As a result, both of us learned how to hold our own PTSD teaching seminars.

April 28:
I attended a separate PTSD seminar held by Western missionaries at the Ochanomizu Christian Center. However, I thought the seminar of the previous day was several times better. It was fortunate for me to attend both seminars because I could compare the information from them to learn how to best apply them for Help Japan 2011.

March 2011 report

March 11:
We went to the Keio Plaza Hotel in Shinjuku to prepare the dinner for the National Prayer Committee that was supposed to be held in the evening. While gathering reading materials to distribute to the guest the hotel began to shake and it shook ominously and significantly long. The earthquake was later named the Great East Japan Earthquake. Dinner was canceled and a few of us gathered to fast and pray.

March 12:
At the proposal of Leap High 28 board member Josh de Santis, I decided participate in the earthquake relief efforts. Because I could not set up a base near the disaster area, I decided to support a network of relief workers who could bring relief supplies directly to the affected areas. Moreover, I wanted to help disseminate information about Post Trauma Stress Disorder (PTSD), and how to preform “heart care” treatment on those suffering from PTSD. Besides that, I hoped to raise monetary support for the victims from overseas.

March 12:
Took the first video of the disaster area. We asked our friend and American missionary, James Arendt who lives in Niigata City, to help us create a website in English and Japanese — this one! He has generously and enthusiastically donated his time and efforts. James has also done most of the translations from Japanese to English on this site.

March 13:
Leap High’s scheduled first event at Suginami Hall had to be postponed to a later date.

March 24:
I reserved next years March 11 at Suginami Hall to hold a memorial concert and prayer for those who perished and healing for those who survived the disaster.

March 25:
Went to the market to buy in quantity relief supplies for the people living in the affected areas: Drinking water, rice, noodles, miso, soy sauce, canned, raw curry, retort foods, noodles, tabletop stoves, gas cylinders, and chocolate confectioneries.

March 26:
Amid the confusion in Japan OGA, we sent the first relief supplies to the Ortiz family of OGA for Aid in Aomori City. Did not know anyone in the Northeast, OGA did not know any thing, it shall send the goods to rely on friends of friends. I didn’t know anybody in Tohoku and didn’t know the Ortiz family directly. They are friends of friends and have been extremely active in bringing supplies to the disaster area, and especially to the town of Minami Sanriku which was one of the hardest hit by the tsunami.

2011年4月のレポート

青森に住むOrtizファミリーが支援物資を東京でも集める為、六本木のクラブでチャリテイーPartyを開いた。ヘルプジャパンも参加した。
クレヨン塗絵おもちゃ等、こどもの喜びそうな物を可愛いバッグにイロイロ詰め、被災地の子どもに渡してもらうために六本木のクラブへ出かけた。
そこで始めて OGA の代表 Ortiz ファミリーのアンドレアに会った。 社交的でパワーフルなコロンビア出身の宣教師だった。

4月8日
子ども達の通った成城ナーサリーの母親の支援も得ようと父兄の家を回った。 同情はしても被災者の痛みを他人事と捉える人が多い中、支援を申し出る人もいてこちらも元気づけられた。

4月9日
写真家でミュージシャンのアートなマサヤライダー氏にヘルプジャパンのビデオ取りに協力してもらった。震災支援に使うビデオシューテングは中々上手くいかず、NG ばかり。緊張すると なお失敗、それでも何とか終了。根気よく付き合ってくれたライダー君が 編集したビデオはヘルプジャパンのサイトに英語と日本語で載った。

4月14日~
長野県の諏訪大社で4月15日に毎年恒例で行われる御頭祭という神事を見学に行った。 関与する聖書と日本フォーラムの団体が開いた研修会も兼ねたものだった。 参加人数50名前後

4月16日~
引き続き長野県蓼科にてミーテング。新潟のジェイムスと神戸のジョッシュが東京から行った私と蓼科で落ち合い、各自分担でヘルプジャパンのサイト作りに専念した。

4月25日~
ヘルプジャパンのパンフレット製作に取りかかる。 飛躍の専属デザイナーよしみライダーと打ち合わせで千葉へ出向く。

4月27日
青山のウェスリアンセンターにて、ドクター小澤による PTSD に関する2時 間セミナーに参加。ドクター小澤は心理学者で精神科医そして日系三世の牧師という立場から、PTSDに関する知識を豊富な経験を基に素人にわかりやすく説明された。又手だてとして私たちに何が出来るかを大変わかりやすく教えて下さった。このPTSDセミナーはジョッシュ理事も神戸で受けた。これがきっかけとなり、後に私たちは独自のPTSDに関するセミナーを開いていく事になった。

4月28日
PTSDに関する別のセミナーをお茶の水のクリスチャンンセンターで欧米の宣教師達から受けた。しかし、前日受けたセミナーの内容が数倍良かった。PTSDに関する情報を提供し支援に参加するヘルプジャパンにとって、この対照的な二つのセミナーに続けて参加出来たのは幸いでした。

2011年3月のレポート

社会貢献する奉仕団体のヘルプジャパンが震災救援活動を始めて半年が経ちました。PTSDに関する情報を発信し長期にわたり“心のケアー”をする事を願い参加しています。此処に毎月一回、その月に活動した内容をレポートします。

2011年3月
3月11日
夜に開かれるはずだった国家晩餐祈祷会の準備の為、新宿の京王プラザホテルにいた。当日、配布する大量の資料を皆で袋詰めしている時、大きく長く地の基が不気味に揺れた。この地震は後日、東日本大震災と名付けられた。晩餐会は中止で少人数の断食祈祷会となり集まれた全員で祈った。

3月12日
NPO 飛躍28の理事、ジョッシュ.デサンテスの提案で震災救援に参加を決める。名付けてヘルプジャパン、私たちは現地に拠点を築けないので、実際の救援活動をする人たちを側面で支援しよう,又PTSD に関する情報を発信し、心のケアーで参加しよう、そして、海外とのネットワークを使い、バイリンガ ルで世界へ情報発信し、海外からの支援を得よう、この三つが即決された。

3月12日
この内容で初回のビデオ撮りをした。私たちは英語と日本語で発信し、ウェブ サイトを新潟に住む、友人の宣教師ジェイムスに依頼した。彼は快く応じた。

3月13日
数日後に控えていた杉並公会堂での飛躍の初イベントは延期となり、その対応に終日追われる。

3月24日
犠牲になられた方々の魂が癒されご冥福を祈る追悼コンサートがしたいと思い、早速 来年の3月11日分として、杉並公会堂に予約を入れる。

3月25日
被災地へ届ける支援物資を得ようと時々行く市場へ買い出しに出かけた。飲料水、米、麺類、味噌、醤油、缶詰、カレーの素、レト ルト食品、ヌードル、卓上コンロ、ボンベ、チョコレート 菓子類、思いつくままに買う。

3月26日
日本中が混乱する中、始めての救援物資を青森の OrtizファミリーOGA に送った。東北に知り合いおらず、OGA の事は何も知らなかったが、友人の友人というつてを頼りに物資を送った。

日めくりカレンダー

NPOシャロームさんをガイドさんに得て、福島市の小さな仮設住宅を訪ねた。
そこのお世話役の方にこの日めくりカレンダーを皆さんに配って頂けるようお願いして来た。曜日の入らないこのカレンダーは永遠に使えます。
被災者や避難者の方の萎える気持ちや傷ついた心を、神様の愛の言葉で一杯つまったこの日めくりカレンダーが人に生きる勇気と希望を与え、今日を励まし、明日につなげる事が出来るなら、私たちはとても嬉しい。

ここの仮設に住むご婦人達 とても明るくお元気でした。
くよくよしていても始まらない、今日を一生懸命生きなければ…
とそれは前向きで笑顔を満面にたたえながら、この日めくりカレンダーにも大変感謝して下さいました。

9月11日 当日の成功への鍵の名言は 世界一の金持ちでも心に愛がなければ不幸せ….でした。
どんな素晴らしい説教も心に愛がなければ、騒がしいシンバルです。
差し上げる方も、それを受け取って下さる方も喜びのひとときでした。

日めくりカレンダーは一部1500円にてヘルプジャパンサイトにて販売します。あなたが一部購入下さると一部は被災者へ 2部だと2部 ご購入と同部数を被災者へお届けする仕組みです。みんなで被災者や救援活動をする人々を支え合ってこそ、日本が復旧復興し近未来に復活します。
互いに励まし、愛を持って繋がり合い、今を生きたいものです。