NPO法人シャローム大竹静子から

石川陽子とNPOシャローム大竹静子

石川陽子とNPOシャローム大竹静子

PTSDのセミナーを開催していただきありがとうございました。

福島は、原発事故の終息がみられず、被害の実態が明らかになるとともに、不安と閉塞感が広がってきているように思います。避難区域とされ、避難を余儀なくされた人々が仮設住宅へ移動しつつあります。住み慣れた地を追われ、狭い仮設住宅へ。仕事もなく暮らす日々。

言葉には言い尽くせない思いを抱え、心に深い傷を負っている人々がたくさんいます。地域で手を携え、心の痛みを理解し支え合うことが大切です。仮設住宅の中に孤独な人をつくらないことです。PTSDの知識を身につけ、心の痛みを分かち合うことだと思います。

今後とも良いアドバイスお願いいたします。

2011.7.27
NPO法人 シャローム  大竹 静子

Comments are closed.