PTSDセミナービデオ1

NPO法人シャローム大竹静子から

石川陽子とNPOシャローム大竹静子

石川陽子とNPOシャローム大竹静子

PTSDのセミナーを開催していただきありがとうございました。

福島は、原発事故の終息がみられず、被害の実態が明らかになるとともに、不安と閉塞感が広がってきているように思います。避難区域とされ、避難を余儀なくされた人々が仮設住宅へ移動しつつあります。住み慣れた地を追われ、狭い仮設住宅へ。仕事もなく暮らす日々。

言葉には言い尽くせない思いを抱え、心に深い傷を負っている人々がたくさんいます。地域で手を携え、心の痛みを理解し支え合うことが大切です。仮設住宅の中に孤独な人をつくらないことです。PTSDの知識を身につけ、心の痛みを分かち合うことだと思います。

今後とも良いアドバイスお願いいたします。

2011.7.27
NPO法人 シャローム  大竹 静子

飛躍28来福

6月28日、PTSDの講座を私たちシャロームスタッフに教えてくれるため、飛躍28の石川さんが来福した。

前回はタイからの支援物資や、子供たちのためのぬいぐるみを携えて、数日間の短い期間に南三陸町や仙台市、飯舘村と被災地に積極的に足を運び、すごい行動力の団体だとの印象だった。

石川さんと行動を共にしているジョシュさんというアメリカ人宣教師さんが、阪神大震災時にも支援活動に携わり、主に、心のケアであるPTSD〜被災者のトラウマを軽減するためのケア〜を行っている経験者ということで、今回の震災でもその必要性を強く感じていたようだ。岩手・宮城・福島の被災地もすでに時間が4ヶ月以上たちつつあり、物資面の支援もさることながら、そろそろ、精神面でのサポ-トが必要になってくる段階である。

シャロームでもサポート方針の切り替えの時期にさしかかっていたので、今回のPTSDの講座は的確なタイミングだったように思う。被災者の状況も様々であり、みんな心に傷を負っている。その人たちに少しでも寄り添うことが出来ればと思う。

佐々木宗隆 J保険サービス

「PTSDの基本と取り組み」をお聞きして

NPO シャローム

震災から3ヶ月を過ぎた6月26日、ヘルプジャパン救援活動の講座で「PTSD」について学びました。
福島県は地震・津波に加え原発の放射脳被害での負担は大きいものがあります。私たちは「今できることを,今必要な人に精一杯する」という代表の言葉どおりに、たくさんの方々とそれぞれのお付き合いをさせていただいています。近所のお年寄りに声を聞くことが多い私は、「食べてくれる人がいない野菜は作りガイがない」家族に喜ばれながら、野菜を台所に供給することを生きがいにしてきたおばあちゃんたちは、若者に食べろといえない野菜作りに励みがなくなったと言います。親戚の多くに山菜などを届けていた方はそのことで、自分の存在までも否定し、寝込んでしまったという方までいます。寄り添いながら丁寧に聴くことから始まる日々は。「どれくらいやったではなく、どれだけ心を込めたかです」と問われたマザー・テレサの言葉が響きます。

福島県 NPO法人シャローム会員 野内千賀子

「生命の星」研究所所長のPTSDセミナーに関するコメント

生命の星」研究所 所長  (東京大学農学博士)

宇城正和

宇城正和

飛躍代表の石川陽子さんの招きで、南青山にあるウェスリーセンターで行われたPTSDセミナーに参加しました。学生時代、カウンセリングの講習会にも一度参加したことがあり、心に問題を抱えている人々をどのようにケアしたらよいかについて若い時から関心がありました。これは、自分の心の問題を解決するための一つの方法でもあるような気がしていたからでしょう。

相手の話を聞くことの重要性を理解していたつもりですが、セミナーに参加して、さらに震災を経験された人々には特別な心の傷があること、しかもその傷がすぐに現れるのではなく、3カ月を経たあたりから顕在化してくることなどを学びました。戦場の兵士たちが受ける心の傷のように、心の非常に深いところにしまいこまれた障害をどのようにして緩和してあげればよいのか、もちろんミネラルやビタミンの不足を補ったり、精神安定剤の処方も有効なことがありましょう、しかし、まず、心の底にたまっているトラウマの原因となっているその人の重い経験を聞いてあげること、その人が信頼して話すことができるような心の状態に自分をすることが大切であると学びました。

自分の考えや主義主張を人々に堂々と表現する能力が高く評価される時代ですが、一方で、自分を限りなく謙虚にして、その人のために、その人の心を受け止めてあげること、その人の発する言葉にじっと耳を傾けることの能力も同等かそれ以上に大切であると思います。PTSDについて学ぶことは、自分や自分の周りの人々への深い人間理解にもつながるでしょう。

PTSDについてのセミナーに参加して

河合

河合氏

私はNPO法人飛躍28主催のPTSDに関するトレーニングセミナーに参加しました。以前からPTSDという言葉は知っていましたが、そういうものがあるという程度の漠然とした認識でした。今回東日本大震災が発生しその被災者、そのかたを支えるボランティアへもPTSDとよばれるストレスが起こり得ること、そのケア—に手を差し伸べようとしているグループメンバーがいることを知り心強く思いました。また、我々にできることも知り有益なセミナーでした。 河合:世田谷区在住

PTSDに関するトレーニング セミナー

 開催:PTSDに関するトレーニング セミナー(無料)

ストレス性トラウマ症候群(PTSD)
2011東北大震災の支援者/ボランテイアの方々に開講

  • PTSDとは?
  • PTSDの犠牲者を見分ける方法?
  • あなたはPTSDの犠牲者をどのように助けられるか?
  • 救援者の注意すべき事柄– あなた自身が犠牲者になってはダメ!
  • 東北の人々と心のフォローアップ– Kokoro-No-Care

簡単、単純、わかりやすい、有益な情報です。

過去からの学びをご提供— 1995年の阪神淡路大地震、
2004年スマトラ沖大地震のマニュアル、Dr. J. Ozawa (心理学者 精神科医)のレッスン等

主催:ヘルプジャパン2011
helpjapan2011.net ヘルプジャパン2011はNPO法人飛躍28のプロジェクトです。

スピーカー

  • ジョッシュ デサンテス: ヘルプジャパン2011/プロジェクトマネジャ/NPO法人飛躍28 副理事長こころのケアーのカウンセラー(20年以上)
  • 石川陽子: NPO法人飛躍28 創始者&理事長

時間と場所
2011年5月20日(金)7:30 – 9:00 p.m. (open from 7:00)
2011年5月21日(土)5:30 – 7:00 p.m. (open from 5:00)
ウエスリーセンター2階204号室

〒107-0062 東京都港区南青山6-10-11
Business Office Contact: 03 6427 4696 
Website: http://wesleycenterjp.com

要予約—各夜30名限定
連絡先: Yoko Ishikawa 090-3108-7294
Email: info@helpjapan2011.net

Mrs. Ozawa, Josh, Dr. Ozawa, Volunteer, Kimie

小沢さん, ジョーシュ, 小沢博士, 志願者, 貴美江